水無月



6月30日といえば「水無月」というぐらい
楽しみにされている方もいらっしゃるし、浸透
してきたような気がします。
一年の半分、6月30日に茅野輪くぐりをして、
穢れを払い、後の半年を無事に過ごせるようにとの
願いを込めて水無月を食べるといわれます。
小豆の赤い色が魔除けの色とされ、
三角形は氷を表すとされています。
氷はかつては貴重なもので、この時期
「氷室」(京都の地名でもある)から御所に
運ばれたといわれます。
貴重な氷を口に出来ない庶民は三角形を
氷に見立てたようです。
このようにみていくと、水無月は6月30日だけではなく、
夏の菓子として楽しめそうですね。
スポンサーサイト


上用饅頭

渦の焼印を使うのが待ち遠しかったです。
可愛らしくてほっこりします。

和菓子教室 葛菓子



出来立ての葛菓子を味わえるのは
幸せですね。
6月は葛はじめ。
これからしばらく楽しめます。
葛の菓子、作ってみませんか?

立姿


虎の尾
矢筈薄

この時期、花を切った後長持ち
させるのが難しいです。
水切りをしたり、霧吹きをしながら
綺麗に咲いてくれる花を見ると
嬉しさもひとしおです。

くちなし羮



キラキラが魅力のくちなし羹。
香りも一緒にお楽しみください。

半夏生



半夏生、葉が白くなると夏が
やって来た、という気がします。

清流



今年の葛菓子は、抹茶餡を使用した
清流からはじまります。
葛の美しい透明感は格別です。

青梅



梅子黄(うめのみきなり)
暦の上ではこのようにいいます。
時候の菓子を楽しみましょう。

小豆羊羮



焚き立ての小豆を使った羊羹。
風味良く、人気です。
粒あんが苦手な方からも「美味しい」と。
嬉しいことです。

夏の花



山アジサイ、矢筈薄、なでしこなど
籠いっぱいに入れました。
夏らしく、さわやかな感じを楽しませて
くれます。
プロフィール

さくらの京菓子

Author:さくらの京菓子
京都で和菓子を作っています。
和菓子の美味しさ、楽しさをご一緒に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新記事
プロフィール

さくらの京菓子

Author:さくらの京菓子
京都で和菓子を作っています。
和菓子の美味しさ、楽しさをご一緒に。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スイーツ
116位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR